豊川リレーマラソン2020


浜口京子
2020/03/05

 2020年の豊川リレーマラソンは、第10回記念大会となる。ゲストランナーは、女子レスリング元日本代表として活躍した浜口京子。3月2日から申込受付が始まっている。新型コロナウイルスで開催が危ぶまれるが、いまのところ中止は発表されていない。6月7日(日曜)開催の予定だ。

 1チーム4人以上10人以下のチームでタスキをつなぎ、42.195kmの完走を目指す大会。430チームを募集。参加料は大人3000円・小人(高校生以下)1500円。参加資格は独力で1周2キロメートルを完走できること。

 ボランティアも50名程度を同時募集している。従事内容は、コース安全管理(選手の誘導、コースの安全確保など)、リレーゾーン安全管理(リレーゾーンでのゼッケン番号の読み上げなど)、ゴール記録(ゴール地点での記録、計測チップ・タスキの回収など)、給水(選手への給水など)、本部運営(選手受付、ブース出店補助など)。

 参加者の申し込みはインターネットでは、3月2日(月曜)から4月24日(金曜)まで。郵送では、3月2日(月曜)から4月28日(火曜)まで(必着)となっている。ボランティアの申し込みは3月2日(月曜)から4月28日(火曜)まで。問い合わせ先:0120-846-598。