オリンピック聖火ランナーの走行市が決定


2020/03/08

 オリンピック聖火リレーは愛知県は4月6日から7日。7日は豊川市と豊橋市で、元SKE48の松井玲奈さんや元フィギュアスケートの鈴木明子さん、小久保椎太くん19歳(全て豊橋市出身)が駆ける。東三河5市では豊橋と豊川でリレーが行われる。

 豊橋市こども未来館ここにこ発、豊橋市陸上競技場到着。豊川稲荷発、豊川陸上競技場着。それぞれリレー出発前に出発式も行われ、豊橋市こども未来館ここにこでは4月6日8:45、豊川市豊川稲荷では10:40からとなっている。

 聖火リレー自体は、2020年3月12日にギリシャ古代オリンピア市聖火採火式の後、ギリシア国内で8日間リレーが行われる。その後、19日の引き継ぎ式を経て、聖火は航空自衛隊松島基地に到着。

 3月26日に福島県を出発して、全国を回る。まさに復興五輪の象徴的なイベントだ。東三河でも4月7日は著名人も走るということで、盛り上がるかもしれない。