「コロナばらまく」男性死亡


2020/03/18

 愛知県蒲郡市で「コロナばらまく」などと言い、ウィルス陽性と知ったあと飲食店を2軒利用していた男性が死亡した。57歳だという。飲食店のうちの1軒で30代女性にコロナウィルスの感染が確認されていた。男性には肝臓に基礎疾患があったという。

 新型コロナウィルス陽性が確認されたあと、自宅待機を要請されていたもののそれを無視し、家族に「コロナばらまく」と言い残して2軒の飲食店をはしごした。うち1軒では感染した女性もいたが、その後は蒲郡市の発表によると感染拡大はしていない。

 営業自粛に追い込まれた飲食店店主は、偽計業務妨害で県警に被害届を出していた。蒲郡市は平日はずっとコロナウィルスの状況について発表を更新している。時事通信社などが伝えた。