豊田 一雄 - 豊橋市議会議員 - 導火線



豊田 一雄(とよだ かずお 1949/11/24〜)は、日本の政治家。豊橋市議会議員。

妻と息子2人。
高校時代は化学部に所属し、研究テーマは塩類の溶融電解。ただ、難しくて理解できず、するのはバレーボールばかりの日々。この頃にスポーツに目覚めたのだろうと自懐する。2年にはキャッチボールを昼休みに。ひねって投げてみたボールがシュートしたぞと褒められて自信になり、スポーツが得意と思うように。それからは、始業前にバスケット、昼休みはキャッチボール、夕方はバレーボールと、スポーツすることに大きな喜びを感じるように。大学時代はスキー部の生活に明け暮れた。
1973年4月~1974年2月 豊橋市内ガソリンスタンド勤務
給油作業をした他、車の整備に関する勉強もさせていただきました。
1974年5月~1978年3月 北海道森林組合連合会勤務
広報の他、国営森林保険や全森連森林共済の事務に携わりました。林業構造改善事業の現地ヒヤリングに参加する機会もありました。
1978年9月~1979年11月 札幌市内石材輸入会社に勤務
外材輸入会社という求人広告を見て、木材輸入会社だと思い込み面接に行きました。実は石材輸入会社だったのですが、引き返す経済的余裕がありませんでした。墓石の色々について勉強しました。その後、この会社の経営の行き詰まりを感じて、退職。
1979年11月~2007年3月 サーラグループに勤務
様々な職場で多くの体験をさせて頂きました。
自動車部品製造会社(11年)
プロパンガス販売会社(1年)
動物用医薬品販売会社と農業資材販売会社に兼務(2年)
地方シンクタンク(4年)
中部ガス、サーラコーポレーションで社員教育、広報、地域関連を担当(5年)
中部ガスで秘書室、地域関連事業室を担当(4年)
退職時 秘書室長兼地域関連事業室長
多”米オヤジの会の発足。
学生時代はスキー部で活動し、近年はテニスや山歩きをするなど、アウトドア派。
2019/4/21、3113票で当選。
抱負「人口減少の緩和策・適応策の充実で持続可能性を確保」
豊田 一雄
とよだ かずお
生年月日1949/11/24(70歳)
出身地愛知県豊橋市
出身校豊橋市立旭小学校
豊橋市立青陵中学校
愛知県立時習館高等学校
北海道大学農学部学部林学科
職歴豊橋市内ガソリンスタンド
北海道森林組合
札幌市内石材輸入会社
サーラグループ
豊橋ユネスコ協会理事
多米校区自治会顧問
現職建設消防委員会
会派自由民主党
期数4
住所愛知県豊橋市多米町寺門38
電話0532-62-2438
携帯電話
公式サイトhttp://toyo.pbeins.net/
Blog
Twitter
Facebook
Youtube
Instagram
Mail
性別